読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてiOS Developer Problemに登録してみた

正直な感想としては、とにかく面倒、それに尽きますね。

iOS Developer Programへの登録

2013年11月現在でも、ほぼ完璧に以下のサイト通りでした。

私の場合は結局3日かかりました。面倒ですねー。

実機デバッグを行えるようにする

以下のサイトなどを参考に作業していたのですが…

CSRファイルをアップした後、loadingのまま一向に進まず、上手くいきませんでした。

ただ一つ気になっていたこととして、今のシステムでは

f:id:s-shin:20131106143450p:plain

というのが、最初に表示されまして、それによるとXcodeの方でCertificate出来るようなので、その方法でやってみることにしました。

手順は以下の通りでした。

  1. Xcodeを開く
  2. メニューの Window→Organizer (または"Shift+Cmd+2")
  3. 実機をつなぎ、Use for development ボタンを押す。
  4. XcodeでDeveloper登録済みのApple IDのログインをしていないならする。
  5. 該当のApple IDを選択し、適当に進む

すると、シミュレーターを選ぶ部分に実機の名前が出てくるので、それを選んでデバッグ開始すればOKです。

Web上でやるよりかなり楽なので、断然こちらの方法のほうがオススメです*1

*1:というかわざわざメッセージを出してくる辺り、Appleもこっちの方を推したいのだと思います

広告を非表示にする