フローチャートが書けない

昔、講義でフローチャートを書かされたような記憶はあるが、
全く自慢にならないが、今「フローチャート書いて」と言われても書ける自信が全くない。
開始が四角で分岐が菱型だったけ?線引いてYes/Noみたいな。そんな感じ?

とはいえ、ドキュメントでフローを表現したいことは間々あるわけで、じゃあどうしているの?
という問いに対しては「擬似コードで良くね?」と答えたい。

Wikipedia見たらこんなフローチャートがあった。

f:id:s-shin:20150329214131p:plain

フローチャート - Wikipedia

この図もそうであるが、基本的にフローチャートは、擬似コードで書ける。

function sumFrom1To10() {
  var n = 1;
  var s = 0;
  while (n < 10) {
    s += n;
    n += 1;
  }
  return s;
}

JavaScriptで書いてみたが、言語は何でも、それこそ架空の言語でも良いと思う。
書き方もあえてフローチャートに合わせてwhile使ってるが、for使えばもっとシンプルに書ける。

...

というようなことを考えていたら、フローチャートは過去の遺物的は議論は既に結論が出ている話題のようだ。

フローチャート不要論 - Google検索

...

では、フローを表現する図は不要なのか、という言われると、そうでもない。
例えば、UMLのシーケンス図は、擬似コード化しづらいので重宝する。
もちろんシーケンス図も完璧ではないが、PlantUML使えばテキストで書けるし、不満は少ない。


オチは特に無い。

広告を非表示にする