読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruby環境構築メモ

最新のcocoapods(0.29.0)はRuby2.xじゃないとダメっぽいとのことで、ついでにRubyの環境を整理したのでメモしておきます*1

rbenv導入

インストールは既にしてあったのですが放置していたので使うことにしました。brewでインストールしていたrubyは一掃。

$ brew remove --force ruby
$ brew install readline openssl rbenv ruby-build

readlineとopensslは多分rubyのビルド時に使われます。ruby-buildは、入れない場合rbenv installが使えません。

$ rbenv install -l
...
$ rbenv install 2.1.0
$ rbenv versions
  system
* 2.1.0 (set by /Users/~/.rbenv/version)
$ rbenv global 2.1.0
$ ruby -v
ruby 2.1.0p0 (2013-12-25 revision 44422) [x86_64-darwin13.0]

gemが綺麗サッパリな状態になっていたので、色々インストール。

$ gem install cocoapods
...

実行ファイルがインストールされる場合はrehashが必要です。

$ rbenv rehash
$ which pod
/Users/~/.rbenv/shims/pod

rbenv global ... してもバージョンが変わらない場合。

~/.rbenv/shimsにパスが通ってないとダメらしいです*2

export PATH=$HOME/.rbenv/shims:$PATH

参考:tmux + rbenv の環境で指定した Ruby が使われない件 - akishin999の日記

*1:もっとも、最新のOSXならRubyは2.0になってるっぽいです

*2:通常はインストール時に追加されるのだと思うのですが、.bash_profileとかをいじり回している内に消してしまったのかもしれません。

広告を非表示にする